QI対応モバイルバッテリーは吟味の必要あり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カワサキです。
新しく購入したスマホがQI対応だったので、新しくQIで充電できるモバイルバッテリーを購入しました。
近所の家電量販店では一種類しかなかったのでAmazonで買うことに。


最初に購入したしたQI対応モバイルバッテリーはひどかったです。
QIでスマホには充電できたのですが、モバイルバッテリーそのものに充電ができませんでした!
電源をつないでスマホに充電はできるのですが、それではモバイルバッテリーの意味がないので返品しました。

次に購入したものはMATECHのQI対応モバイルバッテリー。
MATECHは京都にあるモバイルバッテリーやワイヤレス充電、lot機器を作っているメーカーです。
外箱にはMade in Chinaとかかれていますが、国内正規品でメーカー保証1年つきです。

20180526_234956.jpg

 

このバッテリーは最初の購入候補にあがっていたのですが、サイズ21cmにびびってより小さい方にしたんですよね。
届いたバッテリーはスマホとほぼ同じサイズでした。
おかしいなぁと思ってAmazonを見直してみたら21センチは梱包サイズ、バッテリーは16.5cmでした。見てるようで全然見ていませんね。思い込みって怖い。(苦笑)

20180526_231957.jpg

厚さはスマホの2.5倍くらい。
重さは軽くはないけど、容量12000だと思うとそんなに気になりません。

20180526_232141.jpg

 

20180526_231908.jpg

 

ワイヤレス充電だと1時間で25%くらい充電できました。
真ん中の白い部分は滑り止めになっています。
カバンのポケットに上手く入れるとしっかりワイヤレスで充電してくれました。
お弁当箱をとめるようなゴムで押さえたらもっといいかな。今度買ってこようと思います。

今まではモバイルバッテリーを3つ持ち歩いていましたが、電源プラグ付きのモバイルバッテリーとこのバッテリー2つ体制にできそうです。
QI対応機器が増えてきたら、複数の機器を一度に充電できるQIパッドみたいなのがほしいですね。

 

ちなみに今回の学びは、身元のはっきりしない機器は購入しないほうがいいってことです。
みなさんも気をつけましょう~。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*