ダメなブログでもいいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カワサキです。
今朝Facebookを見ていたら、フレンドさんがシェアした記事が目にとまりました。

本当に「儲かるブログ」とは

スナップマートのえとみほさんが書かれた記事です。

なんでもない日常の気づきを書いただけのシンプルな日記みたいなブログだったのだけど、仕事で会っているときにはわからなかったその人の考えや日常の一端が知れて、次に会ったときは2回目なのに「おお、やっと会えましたね」という妙な嬉しさがあった。

私がこのブログで目指しているのはまさにそんなブログ。
私くらいの技術がある人は山ほどいるし、お役立ち記事も検索すれば同じようなものがいくらでもでてくる。そんな中で選んでもらうには私自身を知って気に入ってもらうことが必要だと考えました。

私の好きなものや、行った場所、楽しかったこと。
そういうものを公開していくことで、共感してくれる人たちと出会い繋がっていけると嬉しなぁと思っています。

 

世の中ブログ論はいろいろあって、

「1行でもいいから毎日更新するべき」
「更新頻度が低くてもボリュームと内容のある記事を書くべき」
「日記ブログに意味はない」
「特化型(複数運営)がいい」
「雑記型(単一運営)がいい」
「PVでないブログはゴミ」
「記事書いたらSNSでどんどん宣伝」etcetc

全部考慮してたら頭がこんがらがります。
ブログなんてケースバイケースです。アフィリエイトならPVは必要だし、技術系なら内容がしっかりしたもののほうが好まれる。
他の人のブログ論に踊らされずに自分の目的にあったやりやすい方法をとるのがいいと思います。
ダメだったり、しっくりこなければ方向転換すればいい。

私的には最初の3ヶ月は毎日更新。(書き癖とページ数を増やすため)
その後は少しペースを落としてもいいのでボリュームのある記事を書いたり、アクセス解析を見ながら過去記事の手直しをしたりしていくのがいいんじゃないかなぁと。

 

正直、仕事用のブログを書くのはかなり時間がかかります。
作業中からブログにすることを想定して、スクリーンショットを撮っています。でも作業に集中してしまい、撮リ忘れを後悔したことも多いです。
記事にする内容は出典を調べたり、検証したりして、自分の中に落とし込んでから書くようにしています。がんばっても週一でしょうか。まだサイトリニューアルも後回しになっているので課題が山積みです。

一方この「日報カワサキ」は、いろいろ考えずテキトーにつけたタイトル(たまに後から変更される)と、毒にも薬にもならないような記事(ちょくちょく誤字脱字がある)。
1記事1テーマで、何文字以上、文章中にキーワードをバランスよく配置して…とか、UPしたらタイミングよく宣伝して…とか考えない。
そんなブログ業界から見たら、ダメなブログです。
でも、私、ダメな大人なのでこれくらいがちょうどいい。

そういうブログもいいんじゃない?と思ってくれた心の広い方はぜひまた覗きにきてください。
Facebookページをフォローしていただくと、毎週月曜日に先週のカワサキトピックスをまとめてご報告しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*